ヘッダー

ディズニーシーのグッズの思い出

思い出のダッフィー

ディズニーシー画像準備中

隣の県から転勤でやってきたママ友がいます。 こちらに引っ越してきて、2年になると言われました。 仲良くなって早1年。もっと一緒に話したい、会いたいと思っていた矢先。 「神奈川に引っ越す」 いくら転勤族とはいえ、知り合ったばかりなのにもう引っ越して、いなくなってしまうなんて。 たった一人のママ友に別れを告げられて、私は目の前が真っ暗になりました。 でも引っ越すママ友の立場になってみれば、いつもいつも慣れたと思ったところで、次の転勤。 転勤を重ねる彼女の苦労を思うと、私の寂しいという気持ちなんて、微々たるものです。 「引っ越して遠くなったなら、私が会いにいけばいい」 そう割り切ることにしました。 ママ友が引っ越して半年。 9月に一緒にディズニーシーに行くことになりました。 ママ友の自宅で会ってもよかったのですが、「せっかく東京に近いところに引っ越したので、ディズニーシーで会おう」と、私が言ったのです。 私は朝早い新幹線に乗りました。 ママ友は、ホームまで迎えに来てくれました。 ディズニーシーについて、私たちが真っ先に向かったのは、ダッフィーというくまがたくさんあるショップです。 私とママ友で、ダッフィーのぬいぐるみを、おそろいで購入しました。 顔が違うと聞いていたので、選ぶのが大変で、1体選ぶのに、1時間くらいかかってしまいました。 でも満足いくお顔のダッフィーを選べたので、それが私とママ友の思い出のダッフィーです。

赤ちゃんには天然水のウォーターサーバーを

ダッフィーのパスケース

ディズニーシー画像準備中

ディズニーシーでダッフィーのパスケースを買いました。首からぶら下げるタイプでした。そそっかしく、はしゃぎすぎてすぐに物を落とす私はそのパスケースの中にディズニーシーのチケットを入れて管理していました。ディズニーシーの中にいる時は違和感はありませんでしたが、自宅に帰ってよくよく考えると、アラサーの女がふわふわもこもこの大きなダッフィーのパスケースを首からぶら下げてはしゃいでいる姿は結構痛々しいものとと思ったので、それ以来日の目を見ていません。ディズニーシーの空間にはやっぱり特別な魔力がありますね。残念ながら日常生活で使う場面はありません。部屋に飾ってかわいいなと思うだけです。次に使う時は再びディズニーシーに行った時でしょう。

お土産におせんべいが好評

ディズニーシー画像準備中

ディズニーシーへはもう何回も行っていますが、全然飽きることなく、本当に大好きな場所です。 ダッフィーとシェリーメイが登場してからますますディズニーシーが大好きになりました。 行くと必ずお土産を買います。 お菓子も色々あるので、すごく迷います。 今まではクッキーやチョコなど甘い物を買っていましたが、おせんべいがあることを知ってからは必ず買っています。 エビや海苔など色々な味が入っているので、飽きることなくてどれも美味しいので友達にも喜ばれます。 両親へのお土産もおせんべいにしていますが、すごく喜んでくれました。 一口サイズなので食べやすく、包み紙もキレイなので楽しくなります。 ディズニーシーへ行くたびに、お土産コーナーのおせんべいの種類が増えているので嬉しくなります。

中高年 介護 婚活

ジェラトーニのぬいぐるみがお気に入り!

ディズニーシー画像準備中

※画像は準備中です

ディズニーシーへ行くと、ダッフィーのお店へ行って新しいぬいぐるみを買うことに決めています。 これまでに1体ずつ買って帰っているので、家には沢山のダッフィーとシェリーメイ、ジェラトーニがいます。 実は、最初の頃はあまり興味がなく、どうしてぬいぐるみを持ち歩いたり、写真を撮るのか不思議に思っていました。 しかし、ダッフィーのお店へ行ってみたら、あっという間にすっかり虜になってしまったのです。 特に気に入っているのが、ジェラトーニのぬいぐるみです。 独特の色とふさふさな手触りにすっかり心を奪われてしまいました。 洋服も売っているので、着せ替えも楽しいです。 ジェラトーニのぬいぐるみを抱っこするとすごく癒されるので私の宝物です。

ダッフィー・シェリーメイ買取